出口氏からのコメント|お知らせ 2009新春!餅つき大会|お知らせ
Nov 06

CHICARA <世界に誇るニューアートのヒーロー>

佐賀県出身アーティストによる個展のお知らせです。

Chicara パンフレットCHICARA(永田力)は世界中に唯一モーターサイクルをベースにアート活動をしているユニークなアーティストだ。11月7日から開催のACAF (Asian Contemporary Art Fair)への出展、同日よりippodo Gallery (一穂堂ギャラリー)にて”CHICARA Liquid Chrome”個展が開催される。既に美術館のキュレーターの方々からも新しい種類のアート”A New Species”と絶賛されている彼の作品。佐賀から来た本物のモーターサイクル・アートに興味のある方はこの機会にぜひご覧下さい。

< 開催概要 >

期間:2008年11月7日~2009年1月31日
時間:11:00~18:00(日・月除く)
場所:ippodo Gallery: 521 w. 26th St., B1(bet.10th &11th Ave.) New York NY 10001
電話:212-967-4899
サイト:http://www.ippodogallery.com

<CHICARA プロフィール>

ca1pc09.jpgChicara(永田力)は1962年佐賀県に生まれる。16歳の時、バイク事故で内臓破裂という災難に遭遇。8ヶ月にも及ぶ集中治療、大量輸血の成果あって、九死に一生を得た。ここでChicaraは、自分と同じ事故で亡くなっている人たちがいるなかで、自分はどうして今ここにいて生きているのか悩み続ける。生かされていることを実感する為に選んだ道、それは「モノづくり」となった。

ca1pc11.jpgモノを創り、自分が今この瞬間ここに生きているという証を、世界の一人でも多くの人に伝えたい、自分に血を与え、救ってくれた数えきれない世界の人たちに恩返しがしたい。それが、カスタムバイクを創るスタートとなった。独学でデザインを勉強、やがてグラフィックデザイナーとして一本立ちする。

1993年バイク製作を開始、1998年、カスタムバイクで世界一になりたいと思い、その思いを、神によって生かされている意義として自分の目標にし、ここから彼の無謀な挑戦がはじまった。才能も、技術も、お金も時間も無いところからの長い長い道のり。そして2006年、世界最高峰のAMD World Championshipで優勝する。こうして彼はカスタムバイクビルダーとして世界の頂点に立つのである。

Chicaraのアトリエには大きな機械が無い。500にも及ぶすべてのパーツを(ハーレーエンジン以外)すべて手で創る。そのために一台に7,500時間を費やす。一人の人間が一生かかっても完成させるのは難しいものを、Chicaraは今も生み出し続けている。バイクは、完璧なデザインとエンジニア(ファンクショナルアート)、クラフトマンシップの結晶といえ、それはバイクを超えた新たなアートである。

1962/佐賀県で生まれ佐賀在住
1982/グラフィックデザインを始める
1992/デザイナーとして独立
1993/デザイナー活動と平行してバイク制作を始める
1998/エキシビション活動を始める: 国内で数々の賞を受賞
2005/世界を知るためにフランス・ベルギー・ドイツのショーに参加する(各国で賞を受賞)
2006/アメリカで開催される世界大会で1位入賞(25〜30ヵ国)
2007/アメリカで開催される世界大会で2位入賞(25〜30ヵ国): アジアチャンピオンシップで1位入賞(6〜8ヵ国): 国内のショーでフランスのジャーナリストより賞を受賞
2008/New York ACAFへ出展&個展開催(ippodo Gallery)

Comments are closed.