最近の記事

  • 2017 車椅子マラソンの副島正純さんを激励|お知らせ
  • 2017 長崎県人会&広島会、合同納涼会を開催|お知らせ
  • 「ニューヨーク長崎県人会」が発足
  • 2017 熊本・大分地震復興支援イベント┃お知らせ
  • 2016 第三回 焼酎祭り 〜大忘年会 ~┃お知らせ
  • 2016 長崎平和特派員任命および原爆写真展のお知らせ
  • 2016 第10回 NY広島会・ばってん会合同納涼会│お知らせ
  • 2016 熊本、大分、九州地震復興支援イベント Kyushu
  • 10月 06

    ミュージカル・プロデューサーの出口氏を囲む|レポート

    活動報告 ミュージカル・プロデューサーの出口氏を囲む|レポート はコメントを受け付けていません。

    出口氏(左より2人目)を囲んで10月6日19時半より浪花においてブロードウェイ・ミュージカル・プロデューサーの出口最一(でぐちまこと)氏をお呼びして、『ばってん会』スタッフとの最初のミーティングを開催致しました。

    この会合は10月30日に日系人会において開催されるブロードウェイ・ミュージカル・プロデューサーの出口最一氏を迎えた講演会(10月30日:日系人会)の情報収集及び顔合わせを目的とした会合でした。

    その会合で、ブロードウェイのショウの採算がとれるようになるには最低10ヶ月かかるという話を伺い驚きました。『大阪公演は多くの観客を動員してPR的に大成功で、世界に向けた大きなプロモーション効果を得ることが出来た。既に地元のエンターテインメント専門のテレビ番組に紹介された』と話されました。

    参加者は出口プロデューサー、山口会長、佐藤実行委員長、渡会・木下委員長補佐、そして先日実行委員になり企画を担当することになった矢動丸さんの合計6名。


    忘備録 - 10月3日(金) 講演会の打ち合わせ
    .
    10月3日 浪花レストランにて10月3日浪花において山口会長を中心に『ばってん会』実行委員の方々が集まり、新しく実行委員になられた矢動丸さんを囲み、歓迎会が開催されました。同時に次の催しとして山口会長から提案のあった、ブロードウェイ・プロデューサーの出口最一氏を迎えた講演会(10月30日:日系人会)の件が議題となり、それぞれに積極的な意見交換が行われました。

    9月 14

    “藤松さんを囲むブランチミーティング” レポート  9月13日(土曜日)
    左から木下(きもと)、山口現会長、藤松初代会長、古川の順「ばってん会」生みの親である藤松さんがNYに来られるということで、半ば強引にお時間を頂戴し、”藤松さんを囲むブランチミーティング”がミッドタウンのBenoit(古川さんご推薦のフレンチ・アメリカンなレストランで、シーフード/お肉共に美味しく、ミッドタウンにしてはリーズナブルな料金◎です!)にて開催されました。Benoitでの土曜日のブランチがあまり知られていないせいか、それほど混んでおらず今回のブランチ・ミーティングにはピッタリの場所でした。古川さん有難うございます!

    このブランチミーティングには藤松さん、山口会長、古川さん、そして私木下の4名が参加しました。

    b.jpg4名の小さなグループでのブランチでしたが、話題は藤松さん移住の地(オレゴン)でのゴルフ三昧の生活をしながら食事は3食とも藤松さんが作り、庭仕事は奥様がやっておられるという話から始まり、オレゴンのお寿司屋を手懐けて、美味しいお寿司を食べているなどという話まで飛び出しました。更に、ヨーロッパのベルギーの日本食は結構美味しいなど、食に関しても話題がかなりインターナショナルで私などはついていけず、一生懸命お話を聞かせて頂きました。

    左から山口現会長、藤松初代会長の2ショット絵画の話題になると、山口会長が自分は油絵を描くのが好きで、ジョン シンガーサージェント(この画家はヨーロッパで活躍して金持ちの婦人、娘などの肖像画をたくさん描いた画家)というアメリカの肖像画家の絵が大好きだという話しが出ました。 一方、藤松さんはエド・ホッパーという画家の作品が大好きで、彼の作品を観にMetに行くらしく、彼の作品に出てくる人たちの表情が皆暗いので、エドの精緻な描写によるアメリカの理想的な世界に居る人たちは、お金という価値尺度で成功を測ったが故に、素晴らしい世界に存在する人々の表情が暗いのではないか・・・など、とても藤松さんらしい意見が出ておりました。

    政治の話しに至っては、今の大統領選挙のことや日本の総裁選挙にまで話題が及び、和やかな中にも、現在の世界の動き(政治・経済を含め)をしっかりとご自身なりに分析されている様子が伺い知れました。ご自身は、「時間ができたので、朝から毎日色んなニュースをピックアップして見ているからね」と軽く仰っておられましたが、これは時間があるないだけの問題じゃなくて、そのような意識を見習わなければ!そう思いました!楽しい中にも大変勉強になるブランチを有難うございました。

    会の終了間際には、「ばってん会」の今後のウエブサイトの役割を中心に、郷土からニューヨークを目指すような人たちに対する支援の体制などについても議論し、非常に充実したひと時を過ごせました。

    藤松さん、今後もNYへ来られる際には「藤松さんを囲む会」をセットしたいと思いますので、是非お声掛け下さい!

    (木下)

    8月 29

    dscf5888.JPG8月28日ミッドタウンの北京パークレストランにて、「ばってん会」&「NY広島会」の合同納涼会が開催されました。「ばってん会」31名、「NY広島会」20名の合計51名の参加者で大いに賑わいをみせました。ニューヨーク広島会との合同での開催は、昨年7月26日、日系人会にて行われた交流会に引き続き2回目のイベントでした。

    ばってん会と広島会の会長、山口氏と古本氏司会進行役は日系テレビ局のナレーターとして活躍中の森永さん(NY広島会)で、プロフェッショナルな進行に場も大いに盛り上がりました。また地元にまつわるクイズも、、、いい勉強になりました。「ばってん」という言葉が外来語だなんて、、、知りませんでした。豪華景品も貰えた方々は大喜びでした。景品も、みなさんで持ち寄った高級コスメや日本まで4時間話せるコーリングカード等々とても魅力的なものでした。

    獅子舞最後は、広島に縁のある世界行脚の獅子舞屋で旅回り20年のキャリアを持つ、おいかどいちろう氏が飛び入りで参加。白塗りをした河童の風貌で笑いを誘いながらも、スキルフルなパフォーマンスで皆圧倒されました。

    食事もおいしくて食べ放題。九州弁や広島弁が飛び交い、終始なごやかなムードの中、楽しいひと時を過ごせました。また皆さんで集まってイベントをやりましょう。次の会もお楽しみに~!(きもと)

    3月 27

    2008年 新春交流会(カラオケ) レポート

    活動報告 2008年 新春交流会(カラオケ) レポート はコメントを受け付けていません。

    ばってん会 2008年新春交流会(カラオケ) レポート

    2月19日。 まだまだ寒さの残るこの時期に、春を待てない皆さんが
    ジャパス38に集合し、【ばってん会】新春交流会を開催致しました。
    丁度、ジャピオンからの取材を受けるタイミングでもあり、開始早々、記念
    撮影代わりに、集合写真を撮らせて頂きました。

    風邪で急遽参加できない方々も出て、参加総数17名。そのうち8名は初めて
    参加される方々でした。
    折角のカラオケルームだったのですが、皆さん気兼ねなくおしゃべりが
    できたせいか、話が弾み、ほとんど歌うこともなく、アッという間に終
    わりの時刻となってしまいました。また、次のイベントをお楽しみに!

    (きもと)

    12月 13

    2007年『ばってん会』忘年会 レポート

    活動報告 2007年『ばってん会』忘年会 レポート はコメントを受け付けていません。

    12月13日。当日の雪でロングアイランドやニュージャージーから来られる予定だった方々のキャンセルは多少あったものの、32名の「ばってん」にゆかりのある方々が忘年会に集まり、非常に愉しく美味しいひと時を分かち合いました(ちなみに当日は直前まで参加申し込みが殺到しましたが、11名の方々をお断りしなければならないほど、多くの方々が関心を示してくださいました)。

    忘年会の場所は和風中華レストラン、佐分利(SABURI)。

    このたび、オーナーの佐分利さんのご厚意により、日本人好みの中華のフルコースに加え、ビールおよびワインが飲み放題となり、リーズナブルでしかも豪華な忘年会となりました。また、食事もさることながら、皆さんがお互いに砕けた調子で方言を使った素晴らしいコミュニケーションこそが最高のメインコースとなりました(写真参照)。実行委員が用意していたゲームなど全く必要ない盛り上がりで、とても愉快なひと時でした。

    P.S. [会場]:佐分利(SABURI)レストラン (168 Lexington Ave. Bet. 30th & 31st Sts; Tel: 212-481-7766)「ばってん会です!」と言うと、もしかしたら、1品くらいサービスが出るかも???

    今年の「ばってん会」の行事はこの忘年会をもって幕を閉じましたが、来年は更にパワーアップして会員の皆様がより楽しく集える会にしていこうと実行委員一同、決意を新たにしています。それでは、皆様どうぞ良いお年をお迎えください。