最近の記事

  • 2017 車椅子マラソンの副島正純さんを激励|お知らせ
  • 2017 長崎県人会&広島会、合同納涼会を開催|お知らせ
  • 「ニューヨーク長崎県人会」が発足
  • 2017 熊本・大分地震復興支援イベント┃お知らせ
  • 2016 第三回 焼酎祭り 〜大忘年会 ~┃お知らせ
  • 2016 長崎平和特派員任命および原爆写真展のお知らせ
  • 2016 第10回 NY広島会・ばってん会合同納涼会│お知らせ
  • 2016 熊本、大分、九州地震復興支援イベント Kyushu
  • Oct 25

    原爆被爆者の方々を招待して懇談会を開催

    集合写真ピースボートは現在102名の原爆被爆者の方々を乗せ、世界一周の旅を続けているが、NYの国連総会の場で平和への呼びかけをするためにヨーロッパを航海途中、被爆者を代表して4名の方々が飛行機にてNYをお訪れました。その知らせを受けた『ばってん会』は、山口会長の呼びかけのもと、まず『NY広島会』の古本会長へ連絡をし、『ばってん会』と『NY広島会』の共同主催で、この被爆者の方々とNY在住の長崎・広島に縁のある方々をご招待する懇談会を開催致しました。

    Universal_PeaceDay10月23日、会場はニューヨーク・ミッドタウンにある【鬼が島レストラン】。ピースボートからこの懇談会に参加頂いたのは広島出身の森田隆さん(84歳)、長崎出身の中村キクヨさん(84歳)と吉田勲さん(68歳)の3名でした。※※Kids for the Futureの山本代表が司会進行役を務め、『NY広島会』古本会長の挨拶、『ばってん会』山口会長の挨拶に始まり、被爆者の3名様がそれぞれに被爆の実体験を述べられながら、『原爆投下から63年という月日が経ちましたが、皆さん被爆した当時のことを今だ鮮明に覚えております。被爆の経験をした者として、核廃絶と世界平和を訴え続けなければいけない。その思いと責任を持って、今回こうやって国連に来たのです。』と力強く発言されました。

    左から被爆者の3名翌27日は国連での発表ということもあり、皆様いささか緊張ぎみではありましたが、長旅の疲れも見せず、懇談会にお集まりの皆様と楽しそうに歓談されていました。後半はNY在住の長崎および広島出身の方々と当時の記憶を回想されながら、皆さんリラックスされたご様子で、懇談会は大いに盛り上がを見せました。また、※※※Universal Peace Daysの代表者Su Zen さんBarry Gruberさんも参加され、彼らが進めている平和の鐘と共に懇談会に参加された皆さん全員で世界平和を祈念して黙祷をささげました。

    ばってん会山口会長挨拶 広島会古本会長あいさつ

    ピースボート:『みんなが主役で船を出す』を合言葉に集まった、好奇心と行動力いっぱいの若者達を中心に、アジアを始め地球の各地を訪れる国際交流の船旅をコーディネイトしている非営利のNGO。国連の特別協議資格を持つ。
    今回は、ピースボートの川崎哲氏の呼びかけで102名の原爆被爆者の方々を乗せて、核兵器廃絶と世界平和を訴えながら世界の国々に寄航し、世界一周の旅を続けている(9月7日に横浜港を出港、12月8日に同港へ帰港予定)。

    ※※Kids for the Future:米ニューヨークを拠点に、戦争被害を受けた世界中の子供の支援や、平和教育プログラムの実践と取り組む民間非営利団体(NPO)。アニメ映画の上映を通じて世界平和と核廃絶を訴える活動を草の根レベルで続ける団体。

    ※※※Universal Peace Day:2009年には25周年を迎える、世界平和活動を草の根レベルで続ける団体。

    (きもと 記)

    Oct 20

    Love&Peacae:朗読と語り部の会10月19日(日)、『Love&Peacae:朗読と語り部の会』と題し、平和を考える朗読と語り部の会が開催されました。朗読書は、長崎出身の方はご存知のことと思いますが、「長崎の鐘」、「この子を残して」の著者、永井隆博士の作品です。会を主催したタナカ有美さまからレポートをいただいておりますので、以下にご報告いたします。

    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

    先日の朗読と語り部の会は大盛況でした。
    足をお運びくださった方々に深く御礼申し上げます。

    朗読では音響や舞台照明効果を一切使わず、耳で聞いて感じるという体験をして頂けたと思います。言葉が心の奥にまできっと届いたのでしょう、途中ですすり泣きも聞こえました。

    そして朗読会ではナンシー・ケントウェルさんの熱い思いと迫力に、会場が大きなひとつのハートとなりました。平和は愛、そして愛は与えること。思いやる心が平和を、愛をもたらしてくれるのだというメッセージをしっかり受け止めました。

    以下、参加者の感想です。

    Nancyさんのお話は本当に迫力がありましたね。初めてああいう話を聞いた人も多かったのではないですか?私は取材を通して聞く機会がありますが、普通の人にはまったくチャンスがないのだなあ、と思いました。若い人も多かったし、その意味で、本当に大成功ですね!ナンシーさんのお話はもっと聞いていたかったです。
    (40代女性・ジャーナリスト)
    朗読はおもしろいですね。私も読みたいです。ナンシーさんの出産世話話をもっとききたいです。
    (40代男性)
    第一部の朗読では、無意識の内に聞き入ってしまい、胸がしめつけられるような気持ちになりました。内容ももちろんのこと、私自身 日本人補習校の教師をしておりまして、つい最近”朗読”の大切さについて授業をしたところでしたので、とても力強い朗読に感銘を受けました。ナンシーさんのお話では、戦争当時の悲惨な状況や、それを目の当たりにした彼女が考える生と死について、生の声を聞かせていただく機会をいただいて光栄に思いました。また、”愛”についてたくさん大事なことを学ばせていただきました。
    (20代女性)
    とても良かったです。これからもつづけて下さい。
    (60代女性)
    戦争の実体験を聞く事が出来てよかった。自分の子供(4才・2才)にも聞かせたいと思った。子どもも参加出来るイベントがあればと思います。
    (女性)
    とても貴重な時間になりました。
    (30歳男性)
    とても充実した時間でした。ナンシー先生の話は迫力がありました。また数多く、このような企画をされたらよいと思います。せっかくですので、英語でアメリカ人に向けても発信していったらよいと思います。戦争体験とくに原爆体験者が減っている現在、ナンシー先生の存在はとても貴重です。
    (女性)
    物凄く良かったです。
    (21歳男性)
    Readingも良かったし、Nancyさんのトークも本当に生々しく心に深く響き、とても心に残るイベントになりました。途中で涙が止まらなかったらどうしようと思ったくらいです。私もこれから出来るだけサポートしていきたいし、私に出来る事なら私も参加したいと思っているので、又、声をかけて下さい。今日は大成功おめでとう!
    (40歳女性)
    為になるお話を聞かせていただきありがとうございました。
    (31歳男性)

    多くの方に支えられたこと、心より感謝いたします。朗読してくれた出演者、語り部ナンシー・ケントウェルさん、スタッフのボビー中西氏、本村さとし氏、スポンサー協力して下さったカラオケチャンプ、こだますし、Vartaliサロンの皆様、本当にありがとうございました。
    ナンシーさんのトークは後日、テキストにてアップ、DVDにもする予定です。

    今後もこのようなイベントを続けて行きますので、イベントに参加されたい方、お手伝いしたいという方、是非ご連絡下さい。

    メール: hibakushaoutcry@gmail.com

    ありがとうございました!(記:タナカ有美)

    Oct 07

    ※お蔭様でボランティアスタッフが全員集まりましたので締め切らせてきただきます。
    ご協力有難うございました。(10月22日記)

    随分秋らしくなって来た今日この頃ですが、皆様ますますご健勝のこととお喜びいたします。

    ばってん会でボランティアを募集してます。若手も参加してくださいね!さて、現在ばってん会では、次回10月30日のイベント(出口最一氏講演会)の設営・運営をお手伝いいただけるボランティア・スタッフを若干名募集しています。

    募集しているのは、

    (1)受付係 (2)司会 (3)ドリンク係 (4)雑用 です。(兼任もあり)

    お手伝いいただける方の参加費は無料とさせていただきます。
    是非、会を一緒に盛り上げましょう。奮ってご応募ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    申し込み、お問い合わせは、

    ■ メール: satodojo@gmail.com
    または
    ■ 電話: (646)235-0293 にてお気軽にどうぞ。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    (ばってん会、実行委員会代表 佐藤哲也)

    お蔭様でボランティアスタッフが全員集まりましたので締め切らせてきただきます。
    ご協力有難うございました。

    Oct 03

    img20071126.jpg来る10月19日(日)、『LOVE & PEACE:朗読と語り部の会』と題し、平和を考える朗読と語り部の会が開かれます。
    イベントは全て日本語です。朗読書は、長崎出身の方はご存知のことと思いますが、「長崎の鐘」、「この子を残して」の著者、永井隆博士の作品です。
    日曜ですから是非お誘いのうえご参加ください。

    第一部では、朗読会では俳優8人による『きけわだつみの声』、『原子雲の下に生きて-長崎の子供らの手記』、被爆者を取材しその声を録音し続けている伊藤明彦作CD『ヒロシマ ナガサキ 私たちは忘れない』より朗読。演出は27歳で日本人で二番目のアクターズスタジオ生涯会員となったボビー中西さん(中西正康)。

    第二部では、『わだち-看護師、助産師、RN、出産・母乳育児エデュケーターとして日本、韓国、米国の三つの祖国に生きる』著者、在日韓国人広島被爆者で現在も現役でご活躍されるナンシー・ケントウェルさんを迎え、ご自身の体験談を通じて命の尊さと人間の「生」と誕生についてニューヨーク在住の若い日本人世代に語り伝えます。

    日時: 10月19日(日) 3PM~5PM
    場所: Where Eagle Dare Studio-Blackbirdシアター
    住所: 347 W. 36th St, NYC 10018 (8 & 9th Ave間)
    アクセス: 地下鉄A、C、E - 34th St. Station もしくは Port Authorityより徒歩数分
    要予約: 212.592.3311
    入場料: 5ドル(現金のみ)

    +++ 問い合わせ ++++++
    連絡先: タナカ有美
    携帯 917.692.2210
    Email: hibakushaoutcry@gmail.com
    Website: http://hibakushaoutcryjp.blogspot.com

    プログラムに掲載される広告スポンサーも同時に募集されています。
    縦4インチx横3インチ $100 とのこと。詳しくは、タナカ有美さんへ。

    +++ 参考 ++++++
    長崎市による永井隆博士の紹介 >>

    Sep 24

    tsuru.jpg昨年日本で全国公開された映画 『夕凪の街 桜の国』 や、虫プロ制作アニメショート映画 『つるにのって:ともこの冒険』 を含む10作品が9月27日と28日の二日間に渡って上映されます。また朗読会の日前後にはピースポートに乗って広島・長崎被爆者100人がNYを訪れ、国連訪問や地元高校生たちの交流が計画されているようです。

    こちらでも調べましたが大変意義のある作品です。週末ですから是非時間を作ってみてください。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%95%E5%87%AA%E3%81%AE%E8%A1%97_%E6%A1%9C%E3%81%AE%E5%9B%BD
    http://peaceanima.googlepages.com/


    ニューヨーク平和映画祭

    題名: Films About Peace!
    場所: Anthology Film Archives
    住所: 32 2nd Ave, New York, NY 10003
    料金: 大人 $12 ・ 学生 $8
    地図: こちらをクリック>>
    詳細: http://www.nypeacefilmfest.com


    9月27日(土) 3PM-10:30PM

    3:00PM: On A Paper Crane:Tomoko’s Adventure (つるにのって「とも子の冒険」) (30 min)
    4:00PM: PEACE (17 min)
    4:45PM: Original Child Bomb (60 min)
    6:15PM: On Paper Wings (70 min) & Q&A with Filmmaker
    8:15PM: Town of Evening Calm, Country of Cherry Blossoms (夕凪の街 桜の国)

    9月28日(日) 3PM-10:30PM

    3:00PM: Hidden in the Sand (40 min) / Listen to Iran’s People (30 min)
    5:10PM: Arid Land (100 min) & Q&A with Filmmaker
    7:30PM: Wings of Defeat (90 min)
    9:15PM: Wings of Defeat: Another Journey (40 min) & Q&A with Filmmaker

    For more info: 212-592-3311
    Email: nypeacefilmfestival@gmail.com

    ※Love&Peace 朗読と語り部の会 について

    日時: 10月19日(日) 3PM-5PM
    場所: Where Eagle Dare Studio
    住所: 347 W. 36th St

    第一部、『きけわだつみの声』、『原爆雲の下に生きて』(永井隆)を中心に俳優たち(7-8人)による朗読
    第二部、在日韓国人広島被爆者で日本、韓国、米国と生きてきたナンシー・ケントウェルさんとのミーティング

    また18日前後にはピースボートに乗って広島・長崎被爆者100人がNY訪問となり国連、NYの高校を訪れる予定になっているので、寄航が18日であれば、当日4人が観劇にいらっしゃる予定です。