最近の記事

  • 2017 車椅子マラソンの副島正純さんを激励|お知らせ
  • 2017 長崎県人会&広島会、合同納涼会を開催|お知らせ
  • 「ニューヨーク長崎県人会」が発足
  • 2017 熊本・大分地震復興支援イベント┃お知らせ
  • 2016 第三回 焼酎祭り 〜大忘年会 ~┃お知らせ
  • 2016 長崎平和特派員任命および原爆写真展のお知らせ
  • 2016 第10回 NY広島会・ばってん会合同納涼会│お知らせ
  • 2016 熊本、大分、九州地震復興支援イベント Kyushu
  • May 24

    ニューヨーク日系人会女性実業家の会では、来月6月9日(火)、会の名誉会長である木全(きまた)ミツさんを日本からお呼びしての講演会を日本クラブにて開催します。
    みなさん、お誘い合わせの上ご参加ください。
    プロフィール詳細は添付ファイルをご参照下さい >>

    bwcjaa_kimata5_front.jpg木全氏は、福岡県久留米市出身、中学時代を久留米市で過ごした私(ばってん会、矢動丸)と同窓大先輩です。東京大学医学部を卒業した後労働省に勤務、その中で国連公使としてニューヨークに3年間単身赴任され、労働省退職後は日本に進出したボディーショップの初代社長を10年間勤められました。

    現在は女子教育奨励会理事長、他にも各種団体にて「女性の活力を社会の活力に」と活動されています。キャリアウーマンの先駆であり、また同時に家庭の妻、嫁としても大奮闘されてきた木全氏は、私から見たらワンダーウーマンのような方です(九州の女性は強い!)。

    ※女性実業家の会は日系人会所属の非営利団体ですので、収益金の全ては日系人会に寄付されます。

    —————————————

    ■ 日時: 6月9日(火) 7PM (6:15PM開場)

    ■ 会場: 日本クラブ2F ローズルーム

    ■ 住所: 145 W. 57st, NY, NY 10019

    ■ 会費: 一般$30、 日系人会会員$25

    プロフィール他の詳細はこちら >>

    ■ お申込み、お問合せ info@bwcjaa.org

    ■ 締め切り: 6月5日(金)

    May 21

    『沓掛時次郎 - くつかけときじろう』 朗読会のお知らせ

    2009.gif北九州市出身の役者でディレクターのJun Kimが、日本語による朗読劇をニューヨークのセンターステージにて6月6日に開催致します。昭和の始め(1928年)一世を風靡した大衆文学の父、長谷川伸の傑作。日本人の美しいこころ、義理と人情の世界をうたいあげた戯曲です。

    福岡県、大分県、長崎県出身を含むNY在住14人の日本人役者による、真剣でいて愉快、ドンとしていて軽快なお芝居。ライブのギターと鳴り物も加わり、たっぷり楽しめるリーディングです。お誘い合わせの上お越しください。

    日時: 6月6日(土) 2時PM&4時PM
    場所: Center Stage NY- 48 West 21st Street, #401(between 5th Ave.& 6th Ave.)
    料金: suggested donation $5
    予約受付: 212-928-5826
    Email: kurotama@cybercap.com

    Apr 23

    田上(たうえ)長崎市長が5月にニューヨークの国連を訪問されます。詳細は次のとおりです。

    田上市長、長崎市長、国連訪問、国際連合、核拡散防止条約(NPT)再検討会議、核廃絶 長崎市の田上市長は就任から二年たち、一期目の折り返しを迎えた二十二日、市役所で会見。五月に訪米し、国連で開催される核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会での演説などを予定している市長は「核兵器廃絶に向けた長崎市民の思いを訴えたい」と決意を語った。 また、一期目前半を振り返り、「この街の魅力と可能性をあらためて強く感じた。(まちづくりへの)具体的な仕組みづくりや活動、職員の意識改革に今後二年間、しっかり取り組みたい」と述べた。

    市長は五月三日から八日間の日程で、広島市の秋葉市長と訪米。NPT再検討会議準備委員会のうち、各国から集まる非政府組織(NGO)に割り当てられた時間を利用し、英語で演説。被爆地の思いやオバマ米大統領の長崎訪問、オバマ大統領が一年以内に開く意向を示した「世界核安全サミット」の長崎開催を呼び掛ける。このほか、各国政府代表や国連関係者に核兵器廃絶への取り組みを要請、ワシントンでは米政府関係者との面会も予定している。長崎、広島の被爆者も訪米する。

    世界核安全サミットの長崎誘致について田上市長は「参加する国々、(特に)核保有国に被爆地の実相に触れてもらうことは大きい。直接(被爆地を)見てもらって、(被爆者の)話を聞いてもらうことが、実相を伝える一番の力になる。ここを最後の被爆地にするためにも長崎開催の意味は大きい」と話した。

    長崎新聞特約(2009年4月23日)

    Mar 05

    Stage Reading 『アトミック・フィールド』
    2009年3月14日(土)午後7時~10時

    ピースフィルム・フェスティバルの田中様よりお知らせがございましたので、こちらでご報告いたします。

    img20071126.jpg来る3月14日(土)、ヒロシマ・ナガサキ、平和をテーマに映画上映をしてきたニューヨーク平和映画祭(NYPFF)が平和活動の一環としてInterborugh Reperotry Theaterと共催にてステージ・リーディングをいます。

    劇作家は現役大学教授、自身の家族をモデルに『アトミック・フィールド』を書いています。核全盛期だった1950年代、かつてアトミック・ソルジャーとCばれた元兵士の葛藤からアメリカ側から見た原爆投下、核実験によるヒバクシャの苦悩が伺えます。

    演出はNYPFF共同創始者でエグゼクティブ・ディレクターのジョナサン・フラック。日本人俳優の木村真実、山田良介も出演。他出演: Robert Grant, Kate Haggerty*, Cynthia Shaw, Cash Tilton, Sarah M. Wilson*(*Actors Appear Courtesy of Actors Equity Association)

    リーディング終了後、ワインとチーズのレセプションもご用意しております。

    入場料は無料ですが座席数に限りがございますので、メールまたは電話にてご予約下さい。

    ご質問等がありましたら、以下までご連絡お願い致します。

    日時: 2009年3月14日(土)午後7時 (開場6時45分) / レセプション: 9時~10時
    場所: Interborugh Reperotry Theater
    住所: 154 Christopher Street, #3B, New York, NY 10014
    (グリニッチ・ストリートとワシントンストリートの間)
    アクセス: 最寄地下鉄徒歩5分 (Christopher Station: #1&9 Trainより3ブロック)
    入場料: 無料
    要予約: nypeacefilmfestival@gmail.com / Tel: 212-592-3311

    +++ 問い合わせ +++

    連絡先: タナカ有美
    携帯: 917.692.2210
    Email: nypeacefilmfestival@gmail.com

    Feb 11

    photo1.jpg2月9日月曜日、夜11時頃タイムズスクエアから、お友達でばってん会会員でもある山本容子さんと電車に載ろうと歩いていましたら、偶然にも渡会さんが指揮をとるRicoh 広告の設置現場に遭遇しました。
    つい先日テレビジャパン放送の「ニューヨーク街物語」で渡会さんの活躍を観たばかりでしたのでちょっと興奮。実際の風力タービンは、テレビで見たのより数倍大きく感じられました。

    photo3.jpg現場の人に渡会さんがいるかどうか聞いて来ましたら、「まだまだ早い、彼が来るのは2,3時間後だよ」との事。さすがにそんな時間までは待てないので、写真撮影だけで失礼しました。現場のタイムズスクエアは24時間人と車で賑やかな場所。道路を封鎖しての大掛かりな設置に、道行く人もみな何事?と驚いたように立ち止まり、写真を撮ってました。

    photo2.jpg後で渡会さんに聞いた話ではまだ設置は途中で、今月中に仕上がる予定との事。出来上がったら是非、渡会さんを囲んで現場で乾杯でもしたいところですが、ニューヨークでは、野外でお酒が飲めません。残念です。

    渡会さんの今後の活躍に乞うご期待!です。
    渡会さんはこんな方>>

    執筆: 矢動丸