最近の記事

  • 2021 広島・長崎原爆犠牲者追悼、並びに平和祈念式典のご案内|お知らせ
  • 2021 NY平和ファウンデーションよりファンドレイズのご案内|お知らせ
  • 2021 佐世保出身の小川慶太さん グラミー賞ノミネート|お知らせ
  • 2020 NY広島会&NYばってん会合同「リモート秋祭り」レポート
  • 2020 NY広島会&ばってん会、合同リモート秋祭りを開催|お知らせ
  • 2019 NY広島会&ばってん会、合同納涼会を開催|お知らせ
  • 2018 第12回NY広島会&NYばってん会合同納涼会|レポート
  • 2018 長崎県人会&広島会の合同納涼会│お知らせ
  • 7月 27

    『インターフェイス平和の集い』ー広島・⻑崎原爆犠牲者追悼、平和祈念式典を28年に亘り継続運営しているNY平和ファウンデーションよりファンドレイズのご案内が届いておりますので、ご案内申し上げます。

    ★平和の活動を応援下さい★

    多くの皆様の⻑年にわたるお力添えにより、『インターフェイス平和の集い』ー広島・⻑崎原爆犠牲者追悼、平和祈念式典も第 28 回目の開催となりました。今年はコロナのヴァリエンスを考え、8月5日、8月8日の2日間、ニューヨークと広島、⻑崎を結んでオンライン配信(Youtube live/ Facebook live)で行います。核兵器の問題は二十世紀以降、人類の未来においても我々が考えていかねばならないことです。日本が唯一の被爆国であり、世界の人々に核兵器が三度目この地球上のどこかで落とされないように平和を守る責任があります。核兵器の破壊力は広島・⻑崎の1500 倍とも言われており、それが事故で起こったとしても甚大な被害をもたらします。地球破壊の行為なのです。NY 平和ファウンデーションは『平和の集い』を続けることにより、ニューヨークの人々、アメリカの人々、世界の人々(特にリーダーたち)が核兵器脅威、戦争の悲惨さに気づき、皆が安心して暮らしていけるような世界につながればという願いの中、慈愛・調和・非暴力のメッセージを発信し続けています。

    1994 年に中垣顕實法師が NY 本願寺仏教会の住職として就任した時に始められた『平和の集い』は、住職を退任してからも続けられ、3年前に 501(c)(3) 米国税金免除の NPO 「 NY 平和ファウンデーション」を設立されました。『平和の集い』を主催し続けると共に、インターフェイスなどの対話を促進し、内なる平和と外の平和構築のプログラムをますます進めていくためのファウンデーションです。

    皆さまにもこの機会に、ぜひ NY 平和ファウンデーションを応援していただきたいのです。世界の中心地であり、マンハッタン・プロジェクトが生まれたこの NY 市で核兵器廃絶を訴え、平和プロジェクトを拡張していくためにもファンドが必要となります。コロナ禍にあって、それぞれの問題をかかえておられることでしょうが、共に地球のため、環境のため、核兵器廃絶に向けての私たちの活動を応援下さい。

    皆様の寄付は今後の平和活動を助け、米国にお住まいの方はその寄付が税金控除となります。慈愛の心、平和を願う心をもって、財施をお願いする次第です。応援します 、NY 平和ファウンデーション寄付の頁へから入れます。今回、百ドル以上のご寄付を頂いた方には、お名前、平和のメッセージ、会社名またオーガニゼーション名、ロゴをYoutube Live やフェイスブックライブで紹介させて頂きます(サンプル:前の英語のページ参照下さい)。締め切りは8月 4 日です。確認のため E メール(クリック)をお送りください。尚、三百ドル以上のご寄付を頂いた方はフル頁の広告(必ず平和メッセージを入れて下さい)も可能となります。
    With palms together,
    合掌、平和祈念。

    Fundraising Committee, Heiwa Peace and Reconciliation Foundation of New York

    NY 平和ファウンデーション・ファンドレイジング委員

    寄付はこちらからお願いします
    http://heiwafoundation.org/Home/Donation
    heiwafoundationny@gmail.com

    12月 07

    長崎県の佐世保市出身で、これまでもばってん会のイベントにご参加いただいているメンバーの小川慶太さん(プロのパーカッショニスト)が、第63回グラミー賞にまたもやノミネートされましたのでお知らせ致します。(2017年:グラミー賞受賞)今年も以下の部門で2つノミネートされました。


    Best Arrangement, Instrument and Vocals
    Slow Burn
    Becca Stevens
    Best Contemporary instrument album
    Live at the Royal Albert Hall
    Snarky Puppy
    小川慶太さんのウエブサイト
    www.keitaogawa.com


    コロナ禍の中ですが、明るい話題で嬉しいですね!
    グラミー授賞式は2021年1月31日です。
    小川さんの受賞を楽しみにしております!
    これまでの歴史の中で、人類は数々のパンデミックを乗り越えてきました。終わらないパンデミックはありません。皆さまくれぐれもコロナウィルスへの対策である、マスクにソーシャルディスタンス。そして、手洗いとうがいを徹底してこの大変な時期を、前向きに乗り越えていきましょう!

    11月 11

    今夏で14度目となるはずだった「NY広島会&NYばってん会合同納涼会」がコロナ禍の
    影響で開催できませんでしたが、「こんなときだからこそ旧交を温めたい」「元気が出
    ることをしたい」という声に応えて、今回初めてビデオ会議アプリを使った「リモート
    秋祭り」を企画し10月23日に実行致しました。
    前例のないリモートイベント開催ということで、どれくらいの人たちが参加してくれる
    のか不安ではありましたが、広島ゆかりの人たちや九州ゆかりの人たち合わせて50名の
    方々が参加して、大いに盛り上がりました。
    会の主旨は「九州・広島にゆかりのある参加者たちと楽しいひと時を過ごす」というこ
    とでしたので、イベント自身には多くの内容を詰め込むことをせず、まずは、参加者全
    員の30秒自己紹介を行いました。皆さん元気に近況報告され、コロナのお陰による生
    活ぶりをそれぞれに披露していただきました。中には、家庭菜園でキュウリやトマト、
    ナスなど作ってみて、その楽しさと収穫の喜びを知ったと言った話や、一方、家族と過
    ごす時間が増えたのは良いが、いつまでこの自宅でのリモート仕事が続くのか不安であ
    るなど、多少戸惑っているような話も飛び出した。
    そして自己紹介コーナーの最後には、広島からシンガーソングライターの原田真二さん
    がコンサート当日の朝にも関わらず出席されて、ニューヨークにいる方々へのご挨拶と
    同時に世界平和を含めてご挨拶を頂きました。
    その後、広島や九州に関する様々な問題を参加者全員が3択の中から選び自己採点する
    「お国自慢クイズ大会」を行いました。このクイズ大会の成績優秀者には、$50チェ
    ックや、ギフトカード、JBLワイヤレススピーカー、そして、長崎県の特産品詰め合わ
    せの福袋(10名様向け:○味付けあご ○燻製きびなごのアヒージョ ○長崎五島手延べ
    うどん ○スライスからすみ)などが賞品として送付される事になりました。
    また、このお国自慢クイズ大会の途中で、嬉しいハプニングがありました。
    NY総領事館の山野内大使(長崎:佐世保出身)が大統領選挙直前で大切な方との夕食会
    合を中座されて、我々とのオンラインイベントに参加頂きました。「長崎弁ば使うとは
    、久しぶりバイ!」と、自分も長崎県出身の仲間として、とても好意的に「暫くはまだ
    外出自粛やソーシャルディスタンスは続くでしょうが、前向きに、でも、警戒は怠らず
    、このコロナ禍を乗り越えましょう!」と、エールを頂きました。
    クイズ大会が終わった後には、皆様の興奮が冷めやらぬ中、NY日系人会の事務局長(野
    田美知代氏:大分)から、近年頻発している日本の台風被害によって、浸水などで被害
    を受けた地区へのボランティア活動支援のための義援金募集の説明がなされました。
    その後一次会はお開きとなり、5〜6名ずつがそれぞれの個室にてコミュニケーション
    がとれる方式の二次会へと移行しました。
    二次会では、個々人がそれぞれに思った質問を相手にぶつけ合うことができるスタイル
    となったので、より深い話ができて、新しく知り合ったばかりの人と意気投合するよう
    な場面もあり、参加された皆様には、新しい出会いの場としても役立つ「秋祭り」にな
    ったようでした。
    皆様のお元気そうな笑顔と、前向きなご意見を頂きつつ、楽しく過ごす事が出来たこと
    で、不慣れなリモートイベントではございましたが、実行委員の皆さんも開催できた意
    義を感じられたのではないかと思います。
    最後に、急なご連絡にも関わらず、イベントへの協賛を間に合わせて頂けました長崎県
    庁の職員の皆さま、そして、何度も事前にオンライン会議を開き、数多くのメールのや

    り取りをしながら、開催の準備を進めていただいた実行委員の皆さまに、心より感謝申
    し上げます。
    *協賛:長崎県庁の水産加工・流通室、 物産ブランド推進課

    <リモート秋祭り開催概要>
    2020年10月23日(金曜日)
    1)7:30pm-8:30pm(NY時間) 
     30秒自己紹介、お国自慢クイズ大会など
    2)8:30pm-9:30pm(NY時間) 2次会
     小グループに分かれての2次会(希望者のみ)

    ◆多くの方々の参加状況の様子をスクリーンショットで撮っておりますが、パブリック
    なHPでの掲載は控えさせて頂きます。参加された方で、個人的に写真が欲しい方は以下までご連絡下さい。
    文責:木下信義(ニューヨークばってん会)
    問合せ:email: battenkai@gmail.com

    7月 21

    2019 NY広島会&ばってん会、合同納涼会を開催|お知らせ

    その他のお知らせ 2019 NY広島会&ばってん会、合同納涼会を開催|お知らせ はコメントを受け付けていません

    8月23日(金)に13回目を迎える、恒例、夏の合同納涼会を日系人会館にて開催致します。

    九州や中国地方にゆかりのある方のみならず、日本情緒豊かな納涼会に参加したい方は奮ってご参加ください。

    小さなお子さま連れや、浴衣でのご参加も大歓迎です。皆で日本式の夏の楽しみ方を満喫しましょう!

    また、毎年大好評のチャリティ・ラッフルも開催致します。皆さまも、ご自宅にラッフル用景品として出品いただけるものがざいましたら、是非お持ち寄り願います。

    *ラッフル収益金は、例年通り、西日本豪雨や熊本大分地震などの自然災害で被災された方々への義援金として、収益金の全額を寄付いたします。

    **参加には事前のお申込みが必要です。詳細は以下をご覧ください。当日会場でのボランティアも募集中!

    <開催概要>

    ■日時・場所:

    8月23日(金曜日)18:00~20:30

    日系人会館: 49 W 45 St. (11th floor) New York, NY 10036

    ■参加費:

    $40(学生$20)、ラッフル券一口$5(希望者のみ)

    ■参加申し込み: 事前に申し込み(参加者全員の氏名およびご連絡先を明記)登録をお願いします。

    こちらの登録帳、または以下の問合わせ先からお願いします

    ■問合わせ先:

    ばってん会にゆかりのある方
    E-mail: battenkai@gmail.com / Tel: (516) 526-7365 (Kimoto)

    広島にゆかりのある方
    E-mail: hiroshimanewyork@gmail.com / Tel: (551) 580-0281 (Amano) 

    ■主催:NY広島会&NYばってん会合同納涼会開催実行委員会

    ■協賛:キリンビール、オタフクソース、Magokoro Inc, 伊藤園、カルピス、長崎県水産加工・流通室、農産加工・流通室有志職員一同

    以上

    木下

    11月 04

    2017 車椅子マラソンの副島正純さんを激励|お知らせ

    その他のお知らせ 2017 車椅子マラソンの副島正純さんを激励|お知らせ はコメントを受け付けていません

    ばってん会を代表して、木下と吉田さんとで、NYマラソン前日に無理言って応援に駆けつけました!副島正純さんが明日開催されるNYマラソン出場の為、訪NYされました。NYばってん会の木下と吉田さんとで陣中見舞いに参りました。

    副島さんは2020の東京に照準を合わせ、着実に準備を重ねていらっしゃるとの事。

    NYマラソンでも頑張れ❗️(フレ〜フレ〜副島!)

    img_2751.JPG

    写真は長崎出身の車椅子マラソンの日本の第一人者 副島正純さん(中央) 長崎(諫早)出身と木下信義ばってん会会長(左)、吉田沙織さん:ばってん会実行委員(右)